医療事務講座を受ければ知りたい情報が得られる

婦人

ニーズの高い教育資格

男の人

小学校前の子供の教育施設

幼稚園は3歳から小学校入学前の年の子供を教育する場所です。保育園はこどもを長時間預かることに重点を置いているのに対し、幼稚園では教育に重点を置いており、健康や人間関係、言葉や表現、さらに運動や遊びを通じて子供の人間性や感性、運動能力を育てていきます。幼稚園教諭になるには国家資格が必要です。国家視覚を取るには、大学や短大で所定の単位を取得することで免許が授与されます。また保育士としての3年以上の実務経験があれば、教員資格認定試験に合格すれば幼稚園教諭免許状を取得することができます。幼稚園教諭になるため、大学や短大で学ぶことは、ピアノ、心理学、リトミックというリズム遊び、折り紙、体育などです。また保育日誌の書き方を学んだり、実習もあります。幼稚園教諭の年収は300万円〜350万円です。公立は地方公務員となり、待遇が安定しています。私立は学校によってまちまちです。2種免許より1種免許の方が優遇されます。1種免許は大学で取得することができます。幼稚園と保育園の要素を組み合わせた「認定こども園」という施設も増えてきました。認定こども園は、保育士の免許もあった方が採用の際に有利にはなるようです。共働きの家庭が増えて、保育士不足が叫ばれています。保育士の資格を持って要る人は、多いですが、幼稚園教諭の免許を持っている人は少ないです。今後、認定こども園が増えていけば、幼稚園教諭としての活躍の場はさらに広がっていくでしょう。幼稚園教諭免許は大学も短大も通信教育でも取得することができます。